ブロンドツインテな人柄を探してひめドル!!を読むと面白かった

猫田のことが気になって仕方ない。のランドセル女児に呼ばれた体感なのでウェブサイトを開いてみると、実際にゃんこがいました。正確にはポニテの奥様小学校にすりよる猫といったほうが良さそうですね。周未希子という11年の女の子は、速攻で猫にフラれてしまいましたが、気丈に振る舞って驚きを隠していますが、ちょこっと愛くるしいですね。こういう赤ん坊は転勤族だけに転校が慣れているので、予め他の学生陣に深入りするつもりがないというから、実に達観した小学校だ。そちらへ乾春菜というツインテが似合う明るい子どもがやってきて、ぱっぱと未希子を奥様陣の間に連れ去ります。なので男子は猫田というものがスタイリッシュという話になって、やってきた猫田ちゃんを見るとヤバかったのです。そのまんま猫の面構えをした猫田ちゃんに驚いた未希子は、精一杯突っ込みを添えるもカテゴリーの自尊心は、これが普通だと言わんばかりに接して来る。これはホントに猫田のことが気になって仕方ないという表題に上っ面がありません。しかも、こういう猫男子の横に腰掛ける件になって、気になる次元を超越してしまうのは当たり前ですね。ダイレクト猫田に触れても特別着ぐるみというわけでもなく、日々教室の窓範囲に座り込み苦しむ未希子は、もっと引き立ちまくっていました。ただし、こういう猫田ってもの、ベトベト動向が美少年過ぎて、そのギャップに萌えますね。それでも、何気に人間の面構えが垣間見えたり、考え物が多くて会員を煽ってくれます。どうも未希子の方も同じで、猫田の考え物を暴こうって行動しめくるから、こっち側の想いという重なって面白く読めるわけですね。あと、女児漫画ながら、萌え本旨の紳士会員も違和感無く読める絵柄も好感が持てました。二規準奥様がマニアなら、愛くるしい奥様小学校を忌み嫌う利点がよっぽどありませんからね。そういう子どもが猫に見える男子に恋してしまうとか、興味深すぎて気持ちがひずみそうです。着ぐるみぽい男子が組み合わせ良すぎると、たまたま笑っちゃいますが、猫田は心から美少年に表れるからおかしいですね。